学位論文 トーンマッピング処理に基づくHDR画像の圧縮に関する研究

鈴木, 亮

pp.1 - 49 , 2016-03-25
内容記述
本論文では,第一に量子化誤差を考慮したJPEG XTエンコーダ構成を提案する.JPEG XTとはHigh Dynamic Range(HDR)画像から基本階層と拡張階層を生成し,それぞれをJPEG方式で圧縮する符号化方式である.しかし,エンコーダとデコーダ間の量子化誤差の不一致が起こり,復号化されたHDR画像の画質を制御できない.提案するエンコーダ構成は量子化誤差の不一致による問題点を解決することができる.第二にビット深度スケーラビリティを有する符号化を提案する.ビット深度スケーラビリティとは,一つの圧縮データから任意のビット深度を持つ画像を復号できることを意味する.現在は8ビット整数深度で表現される画像が広く普及しているが,今後はより高ビット深度を持つ画像が普及され,様々なビット深度の画像が要求されることが考えられる.提案する符号化により,任意のビット深度を持つ画像を効率的に得ることができる.
First, this study proposes a JPEG XT encoder considering effects of quantization error. JPEG T coded data contains two layers: the base-layer for tone-mapped high dynamic range (HDR) image and the enhancement layer. The legacy PEG decoder can understand the base-layer of JPEG T coded data because it has the same codestream syntax as the legacy JPEG. Because there is a mismatch on the handling of the quantization error between the normative encoder and the standard decoder, the quality of the reconstructed HDR will can not be controllable. The proposed structure can settle a problem by quantized error. Second, this study proposes a bit depth scalable coding for tone-mapped HDR images. The bit depth scalability can serve multiple images with various desired bit depths from only one compressed data file. Although 8-bit images are widely used at present, the wider spread of images with higher bit depths is demanded and the coexistence of images with various bit depths is also predicted in the near future. The proposed bit depth scalable coding efficiently serves images with an arbitrary bit depth.
首都大学東京, 2016-03-25, 修士(工学)
本文を読む

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6530&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報