紀要論文 小笠原諸島聟島列島におけるオガサワラヤモリのクローン多型とその分布

村上, 勇樹

(40)  , pp.53 - 58 , 2017-05-31 , 首都大学東京小笠原研究委員会
ISSN:03879844
NII書誌ID(NCID):AN00289259
内容記述
2015年および2016年の8月に小笠原諸島聟島列島の聟島で14個体、媒島で20個体、嫁島で7個体のオガサワラヤモリからDNA抽出用の組織片(尾)を採取し、マイクロサテライトDNA解析を行った。過去の結果と合わせると、聟島列島の各島では、オガサワラヤモリの2タイプのクローン(クローン1およびクローン2)が共存していることが明らかとなった。クローン1は海岸周辺に多く、クローン2は内陸部に多い傾向が認められた。
本文を読む

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6323&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報