Thesis or Dissertation ギデンズの構造化理論に関する批判的再検討

劉, 倬帆

pp.1 - 85 , 2017-03-25
Description
パーソンズ以降、社会理論にとって、いくつかの解決しなければならない問題がある、その中に、「社会とは何」という存在論的な問いと、「社会学はどのような学問なのか」という学問位置づけの問い、この二つが極めて基礎的かつ重大な問題であろう。この二つの問いに対して、イギリスの社会学者アンソニー・ギデンズが既存の社会理論を批判し、そのうえで、構造化理論を提出することによって、新たな回答と方向を提示した。しかし、日本におけるギデンズの構造化理論の理解について、ギデンズの科学的思想への関心が不十分、ギデンズの構造化理論の社会学または社会科学の原論の意義に対する認識が不十分、さらに、ギデンズが扱った個々の論点から出発し、それについて断片的に議論する研究が多い、ギデンズの思想そのものに対する認識が不十分、こうした問題を指摘しなければならない。それゆえ、ギデンズがこの二つの問題に対してどのように回答したか、既存の社会理論をどのように乗り越えたかということも認識できていないままである。本論文の課題は基本的にギデンズの構造化理論を十全に理解することに置かれる。第一章から、「デュルケーム・パーソンズによって定式化された社会学に対する科学的批判」の中で、ギデンズの自然主義批判を議論するとともに、「社会学はどのような学問なのか」という問いに対してギデンズの回答を確認する。結論から言えば、ギデンズが「実践によって出来上がった相互理解」を社会的世界の基盤とし、そうした基盤が存在するからこそ、社会的世界が自然的世界から区別することができると主張している。また、こうした「実践によって出来上がった相互理解」は行為者のみならず社会学者にも利用されているという点から、社会科学研究は主体主体との関係であり、自然科学のような主体客体との関係とは区別することもできる。こうした二重の解釈学の原理によって、社会科学は自然科学の実証主義を素朴に従うことができなく、批判主義的な学問性格を持つのである。すなわち、社会学は規律を探り出す学問ではなく、さまざまなこと批判することによって、より良い社会を作り出す学問なのである。具体的に言えば、ギデンズは「実践によって出来上がった相互理解」の中の命題化された部分を常識と名付け、それについて批判的評価は可能であると主張している。批判主義的社会学の批判する対象が、こうした常識なのである(イデオロギー批判も常識批判へ属する)。また、ギデンズが認知言語学者ライコフとかなり近い立場から、機能主義の認知的基盤は有機体メタファーであることを指摘し、すなわち、有機体メタファーなしには社会を実体として認識することがあり得ない、機能主義者は口にしなくても暗に有機体メタファーに導かれている、その認知的プロセスには正当性がない、ということをギデンズは指摘している。こうしたことによって、ギデンズは機能主義の立場をなくさせたのである。「二元論に対する存在論的批判」の中で、マルクスの実践概念から考察することによって、ギデンズの二元論に対する批判がマルクスから引き継いだ実践概念を中心として展開しているということを明らかにし、、「社会とは何」という問いに対して、ギデンズの回答を確認する。結論から言えば、ギデンズの「社会観」は以下のようなものである: 主体と客体両方とも実践の中で形成かつ再形成され、一刻も止まることなくずっと実践の中で変化していくものである。また、「人間行為者は何もないところから寄り集まって融合もしくは結合し、新しい統一体を形成するのではない。」(Giddens,1984=2015:206)こうした実践は決して個人の実践ではなく、複数の行為者が組成する集団の実践なのである。行為者らは実践を通して自然的世界を認識し、改造していくのである。この意味で、実践は時間の厚さと空間の幅を持った流れのようなものにほかならない。こうした実践の流れが歴史なのである。つまり、社会とは、決して社会実在論者や社会名目論者が言うような静止的なものではなく、時間一空間における、絶え間もなく動き出していく主体らと主体らによって対象化され変化されていく客体の運動的総合なのである。こうしたギデンズの基本的な立場を確認した上で、第二章から構造化理論の基本的構成を議論し、そして、そのすべてを踏まえて、第三章から構造化理論における構造概念の間主体性、創発性、さらに構造と主体との間に存在する視角転換を議論し、構造化理論の重大な問題点を明らかにする。すなわち、実践の原理から言えば、構造化理論における構造が実践によって内容が充実される。同じ「客体」であってもそれに加えた実践が異なるのであれば、諸行為者の記憶の痕跡として存在している構造が必ず異なる。つまり、構造は社会中に通用するものである限り、特定の個人の実践へ依存することができなく、集団の実践へ依存するのである。特定の個人の記憶の痕跡へ依存することができなく、社会的システムの諸メンバーの記憶の痕跡の全体へ依存するのである。つまり、構造化理論における構造概念は間主体的な概念に他ならない。こうした間主観的な構造は、過去において通用してきたが、未来においては必ずしも通用するわけではない。その意味で、構造概念がそもそも未来における通用可能性を保証しているゆえに、かなり不純粋なものである。その意味においてのみ、構造化理論における構造が創発性を持つのである。そして、こうした間主体的な本質を解明することによって、構造化理論における主体論と構造論の間には隠されている視角転換が存在しており、間主体的な理論が欠けているという問題点を明らかにする。その延長線上に、本論文は間主体的な理論と構造概念の時効性を導入することを呼んでおり、そうすることによって、構造化理論がより細緻化することができると主張する。
Since Parsons, there have been some questions of social theory that need to be solved, of which the ontological question: "What is a society?" and the academic positioning question: 'What kind of discipline is sociology?" are the most fundamental and critical questions. In response to these two questions, British sociologist Anthony Giddens criticizes the existing social theory and subsequently presented a new answer and direction in his structuration theory. However, the understanding of Giddens' structuration theory in Japan are insufficient in terms of their interest in Giddens' scientific thought, and their perception of the significance of the social science and even the original theory of social science behind Giddens' structuration theory. There are many studies that are based on individual arguments from Giddens. They are researched and discussed in a fragmented way. However, it is necessary to point out that the recognition of Giddens' idea itself is insufficient. Therefore, we have not yet realized that how does Giddens respond to these two questions and overcame the existing social theory. The purpose of this paper is to fully understand Giddens' structuration theory. From the first chapter, we confirmed Giddens's response against the question "What kind of discipline is sociology?" through criticizing scientifically the sociology defined by Durkheim Parsons, and discussing the criticism of Giddens' naturalism at the meantime. In conclusion, Giddens argues that "mutual understanding completed by praxis" is the foundation of the social world. Because of the existence of such foundation, Giddens believes that the social world can be distinguished from the natural world, and such foundation is used not only by agents but also by sociologists. From this point of view, social science, which is about relationship between subjects and objects, can be distinguished from natural science, which is about relationship between subjects and objects. According to the principle of double hermeneutics, social science is a discipline that has a critical character, and should not blindly follow the positivism of natural science. In other words, sociology is not a discipline o f discovering patterns, rather it is a discipline that builds a better society through criticizing. Specifically, Giddens names the propositional part of "mutual understanding prepared by praxis" as common sense, and the common sense is what we can criticize. Common sense is an object criticized by criticism sociology (criticism of ideology also belongs to criticism of common sense). In addition, from the standpoint of George Lakoff who is a cognitive linguist, Giddens points out that the cognitive base of functionalism is an organism metaphor, that is, without such organism metaphor, it is impossible for society to be recognized as an entity. Giddens points out that this cognitive process, which is implicitly led by the organism metaphor without functionalism by the functionalist, is not valid. Through such criticism, Giddens removed the base of functionalism. In "Dissentive criticism of dualism", by looking into the praxis concept of Marx, it is revealed that Giddens develops the concept of praxis based on the criticism of dualism from Marx, and confirms the answer of Giddens against 'What is a society?". In conclusion, Giddens’s "social outlook" is as follows: Both subjects and objects are formed and reformed in praxis, and they are changing in praxis constantly without stopping. Such praxis is never an individual praxis, it is the praxis of a group composed by multiple agents. The agents recognize and remodel the natural world through praxis. In this sense, praxis is like a flow with time and space width. The flow of such praxis is history. In other words, society is not a stationary thing as proposed by social realityists or social nominees, but a sum of movements of subjects and objects that are changed by subjects in time-space. After we confirmed such fundamental position of Giddens, we start discussion of the basic composition of structuration theory in the second chapter. Based on those discussions, the third chapter focuses on the inter-subjectivity, the emergence, the perspectives transformation between the agents and structures in the structuration theory in order to discuss important problems of structuration theory. In other words, from the principle of praxis, the structure of the structuration theory is enriched by praxis. If the praxis added to subjects are different, even if they are the same subjects, the structure of agents' memory traces will also be different. In other words, as long as the structure is generic and can be applied to society, it depends on group praxis instead of relying on the praxis of a specific individual. It depends entirely on the traces of memory of members of the social system rather than rely on traces of memory of a particular individual. In other words, the structure concept of structuration theory is nothing but an inter-subjectivity concept. In the meantime, the inter-subjectivity structure has been applied in the past, but it is not necessarily applicable in the future. In that sense, it is quite impure that the structure concept guarantees the usability from the beginning. Only in that sense, the structure in the structuration theory has emergence. In the meantime, by clarifying the principle of the inter-subjectivity, there is a hidden perspectives transformation between the subject theory and the structure theory in the structuration theory, and the problem is the lack of inter-subject theory. On the extension line, this paper proposes the introduction of the effectiveness of inter-subject theory and time-limitations of the structure, and argues that by doing so, the structuration theory can be refined.
首都大学東京, 2017-03-25, 修士(社会学)
Full-Text

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6172&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information