Departmental Bulletin Paper 組織間の調整メカニズムがもたらす産業構造の変容プロセスの考察 : 医薬品産業における研究開発の組織間関係を題材に
Observing the transformation of industrial structure by inter-organizational coordination mechanism : a case of the pharmaceutical industry

木川, 大輔

(15)  , pp.53 - 76 , 2017-03-24 , 首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻 経営学会
ISSN:13491180
NCID:AA11960598
Description
This paper discusses a process that industrial structure was transformed by chain reaction of individual coordination mechanism. Although pharmaceutical companies and biotech firms are potentially competitors, and both develop medicines in different ways, they have cooperated for over 20 years since the first biotech firms were born. However, during the recent decade, the number of acquisitions of biotech firms by pharmaceutical companies has increasing at a rapid rate. Some evidence this paper provides suggests that chain reaction of individual coordination mechanism exists to keep autonomy from interdependence which has oppositely brought a result that interdependence creates closer dependency. In particular, some evidence suggests that small biotech firms are in charge of "Research" on R&D, and pharmaceutical companies are in charge of "Development" on R&D. Increasing M&As are the baton of R&D relay. M&As are also a trigger producing serial entrepreneurs who found the next biotech firms. These findings suggest that they may realize cooperation exploration and exploitation through interorganizational cooperation in pharmaceutical R&D. These findings also suggest that traditional firms and emerging firms, which have been explained as defender and attacker in previous research, may be a cooperator in the hi-tech industry in which technological changes are rapid, like biotechnology.
本稿では、ミクロ主体間の調整メカニズムの連鎖が産業構造を変容させていくプロセスを考察する。バイオテクノロジーが医薬品開発に用いられるようになって以来、製薬会社とバイオベンチャーは、異なる方法において医薬品を開発するという点において、潜在的には競合であるにも関わらず、20年以上に渡って協調関係を続けてきた。しかしながら、この10年間においては、製薬会社によるバイオベンチャーの買収件数が急激に増加している。本稿が提供するいくつかのエビデンスに基づけば、各々の組織が自律性を維持しようとする為の調整メカニズムが、むしろ全体としての相互依存性をより密接な関係にする結果をもたらしたことが示唆されるのである。具体的には、小規模なバイオベンチャーが研究開発の研究を担い、製薬会社が研究開発の開発を担うという関係である。この関係においては、年々増加するM&A は、研究開発のバトンの役割なのである。M&A はまた、次のバイオベンチャーを創業する連続企業家を生み出すトリガーとなる事も示唆されている。これらの観察事項は、製薬会社とバイオベンチャーが、組織間の提携を通じて、研究開発における知の探索と深耕を分業している可能性を示唆している。この観察事項からは、先行研究によって防衛者と攻撃者に例えられてきた伝統的な企業と新興企業は、バイオテクノロジーのような技術変化の激しい産業においては、競合というよりもむしろ協調関係にあるということが言えるかもしれない。
Full-Text

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6149&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information