紀要論文 非線形ニューケインジアンモデルにおける金融財政政策のレジームスイッチの効果
Monetary and Fiscal Policy Switching in Nonlinear New Keynesian Models

飯星, 博邦

(15)  , pp.43 - 52 , 2017-03-24 , 首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻 経営学会
ISSN:13491180
NII書誌ID(NCID):AA11960598
内容記述
Using a numerical method for policy function iteration proposed by Richter et al. (2014), a nonlinear new Keynesian model is simulated and extended to a Markov switching version, in order to examine the extent to which degree of confidence of agents change the effects of monetary and fiscal policies. When implementation of a specified policy rule is not strongly believed, economic activities might be more fluctuated, even though agents rationally behave.
Richter et al.(2014)が提案した政策反応関数の数値計算法を使い、非線形ニューケインジアンモデルをマルコフ・スイッチ型に拡張して、将来の金融財政政策に対する人々の確信の度合いが、どのように政策効果に影響をおよぼすかのシミュレーションを行った。政府の政策スタンスに対する信頼性が低下すれば、たとえ経済主体が合理的期待に基づいて行動しても経済変動は大きくなり、社会厚生の損失は逃れられない。
本文を読む

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6148&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報