紀要論文 金利の期間構造モデルの展開 : 債券の価格付けと実証分析
Recent Developments in Term Structure Modeling : Theory and Evidence

齋藤, 要

(14)  , pp.1 - 28 , 2016-02-29 , 首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻 経営学会
ISSN:13491180
NII書誌ID(NCID):AA11960598
内容記述
This article is a survey of the recent developments in term structure modeling, designed to examine both the cross-sectional shape of yield curves and their dynamics in the real world. Since Dai and Singleton (2000) established its fundamental framework, researchers have focused on affine term structure models and improved their empirical fit by extending the flexibility of the market price of risk and correlation between factors. Examples of affine term structure models are the “extended affine model” by Cheridito et al. (2007) and the Wishart model by Gourieroux et al.( 2003). Recent policies of a zero or negative interest rate adopted by several central banks presents a new challenge to term structure modeling, and non-linear models such as the “shadow-rate” model have been proposed.
イールドカーブの実確率測度のもとでの確率変動の諸性質を説明できるモデルを構築することは、古くからの難しいテーマの1つである。本稿は、この問題に関する最近の研究についてのサーベイである。Dai and Singleton(2000) によってアフィンモデルの包括的な分類についてのフレームワークが提示されて以降、イールドカーブの経験的性質を表現する上で、リスクの市場価格やファクター間の相関に充分な柔軟性が必要な事が分かり、アフィンモデルに様々な拡張が行われてきている。Extended アフィンモデル、Quadratic Gaussian モデル、Wishart モデルなど、有望なモデルが提唱されてきており、それらのモデルの特長と実証分析について紹介する。また近年、世界的なディスインフレを背景にゼロ金利政策、マイナス金利政策を取る中央銀行が増えてきているが、低金利下でのイールドカーブの確率変動は非線形性が高く、そのモデル化は金利の期間構造モデルにとって新たなチャレンジである。この問題に対する正金利モデルの実証分析についても紹介する。
本文を読む

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2085&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報