紀要論文 論争に開かれた枠組としての〈論拠〉 : トゥールミンの議論モデルの相互行為論的な再定式化に向けて
The Warrant as an Open-Ended Frame in Controversy : Toward an Interactionist Reformulation of Toulmin's Argument Model

林原, 玲洋

(51)  , pp.47 - 63 , 2016-03-18 , 首都大学東京人文科学研究科
ISSN:03868729
NII書誌ID(NCID):AN10183662
本文を読む

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=136&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報