Departmental Bulletin Paper 戦後日米関係を背景とした硫黄島戦没者遺骨収集事業の変遷

真崎, 翔

(39)  , pp.21 - 36 , 2016-05-31 , 首都大学東京小笠原研究委員会
ISSN:03879844
NCID:AN00289259
Description
「戦後70 年」が喧伝される2015 年において、今なお戦後を迎えられているとは言えない人々がいる。戦没者の遺骨を故郷に迎えられないでいる戦没者遺族らである。このような現状に鑑み、本稿は特に硫黄島における戦没者遺骨収集事業の変遷について戦後の日米の安全保障関係の文脈で考察するものである。本稿は、硫黄島の軍事基地利用が遺骨収集事業の進捗を妨げている大きな要因の一つであると結論付ける。
Full-Text

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2498&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information