紀要論文 小笠原諸島から得られたキイロハギの色彩変異個体の記録
Records of piebald individuals of Zebrasoma flavescens from the Ogasawara Islands

小枝, 圭太  ,  栗岩, 薫  ,  千葉, 悟

(42)  , pp.1 - 8 , 2016-05 , 首都大学東京小笠原研究委員会
ISSN:03868176
NII書誌ID(NCID):AN00032332
内容記述
小笠原諸島兄島周辺海域において、ヒレナガハギ属魚類の2個体が採集された。これらの標本は、体側後半部に繊毛域があること、背鰭が5棘24軟条であること、体側後半部の体色が暗色とならないこと、光彩が黄色いことなどキイロハギZebrasoma flavescens (Bennett 1828)の識別的特徴を多くもっていた。しかし、両標本は、体色が一様に黄色であるというキイロハギにおける通常の特徴と著しく異なり、左右の体側および鰭に広い白色域が、背鰭起部付近に黒色域が、それぞれみられた。ただし、2個体の白色域のパターンが同一でないこと、2個体とも左側と右側の体色パターンに変異がみられること、およびその他の識別的特徴が先行研究で示された本種の特徴と一致したことから、両標本はキイロハギの色彩変異個体であると判断した。
Two specimens (152.2 mm and 187.8 mm in standard length) of the genus Zebrasoma were collected from off Ani-jima island of the Ogasawara Islands, southern Japan. These specimens sheared most diagnostic characters with the Yellow Tang, Zebrasoma flavescens (Bennett 1828), excepting body coloration. Although this species is characterized by the body being entirely yellow, the collected two specimens had white and black areas on the body and the fins. The two specimens were concluded to be some kind of color polymorphism that has generally been called ‘piebald’.
本文を読む

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2358&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報