Thesis or Dissertation オーストラリア・ハンターバレーにおけるワインツーリズムの地域的特徴とその空間的展開

市橋, 千尋

pp.1 - 69 , 2015-03-25
Description
ワインと食は、さまざまな観光地における観光アトラクションの構成要素のひとつとして重視され、それらは単なる観光プロモーション機能としてだけではなく、農業地域におけるルーラルツーリズムの発展に重要な役割を果たしてきた。本研究はオーストラリア・ニューサウスウェールズ州のハンターバレーを事例にして、ワインツーリズムの地域的特徴とその空間的展開を個々のワイナリーの発展プロセスに基づいて明らかにすることを目的とした。ワインツーリズムは、単にワイナリーでワインを飲み購入するだけではない。ワインの原料となるブドウ栽培とその景観、およびブドウの収穫からワイン醸造までの加工プロセス、さらに醸造されたワインと組み合わされた食文化を見る、聞く、味わうことがひとつのセットとなりワインツーリズムをつくりだしている。当然のことながら、ワイン生産に関連した農村生活や地域住民との交流、および地域の歴史や伝統もワインツーリズムの要素として重要である。つまり、ワインを生産している地域の風土そのものがワインツーリズムの対象となる。齋藤(2010)が、「完成したワインには地域色が必ずあり、ひとつひとつのワインの銘柄のなかに土地の香りを感じとり、生みだされる土地の風景をイメージすることができる」と述べているように、ハンター地域特有の自然条件や社会経済条件、および歴史文化条件がワイン産業と結びつきながら、どのようにワインツーリズムが発展してきたのかを明らかにすることは意義のあることである。ハンターバレーは、ニューサウスウェールズ州の東海岸中央部に位置し、ポコルビン、ブローク、ラブデール、シングルトン、ウォロンビー、セスノックの6つの地区で形成されており、2014年現在、147軒のワイナリーが展開している。本研究は、ハンターバレーのワインツーリズムの中核的な役割を担うポコルビン地区に注目し、そこに立地する66軒のワイナリーを対象にワインツーリズムの地域的特徴を明らかにした。ハンターバレーにおけるワイナリーの立地展開をみると、1900年前後におけるワイナリーの立地は主要道路沿いに集中して展開していた。これは、醸造されたワインの市場がニューカッスルやシドニーといった近郊都市であったため、それらの都市に輸送しやすい立地が最優先された結果でもある。つまり、この時期のワイン生産は都市市場への供給を目的としており、ワインツーリズムは未発達な状態であった。その後、道路網の整備にともなってハンターバレーの周辺地域でのブドウ園の開発が進み、ワイナリーも分散して立地するようになった。このような分散的な立地は、ハンターバレーの波浪状の丘陵地形を反映している。波浪状の丘陵地形は日照条件が斜面方向や微地形によって異なるため、ブドウの栽培適地が広い範囲に及ぶことになる。ハンターバレーのワインの評価が高まるにつれて、現地でワインを購入しようとする人びとが多くなってきた。ハンターバレーが都市の近郊に位置していることも、ワイン購入の人びとを引き付ける大きな要素になった。結果的には、1990年代になるとワイナリーの立地が増加し、ワインツーリズムが確立した。しかし、2000年以降になると、新規のワイナリーの立地は少なくなり、ワイナリーの宿泊や食事などの観光アトラクション機能が増え、ワインツーリズムの新たな再編と展開がみられるようになった。新たなワインツーリズムを検討するため、ハンターバレーのポコルビン地区のワイナリーを、観光アトラクションの種類と数により大規模ワイナリーおよび小規模ワイナリーに類型化した。小規模ワイナリーはワインの販売を行っているが、積極的にワインツーリズムを推進しているわけではない。中規模ワイナリーは特徴的なワインを生産し、顔なじみや特約の観光客を相手にワインツーリズムを展開している。以上に述べてきたワイナリーを中心としたワインツーリズムはハンターバレーの伝統的なワインツーリズムとして位置づけることができ、それらは幹線道路沿いを中心に空間的に展開している。他方、大規模ワイナリーはワイン生産とともに、宿泊やレストラン、および土産物店やスポーツ施設などの複合的な観光アトラクションを備えており、ワイン生産に関するテーマパーク的な存在にもなっている。つまり、大規模ワイナリーはマスツーリズムかしたワインツーリズムに対応したものとなり、内外の多くの観光客を集めている。大規模ワイナリーでは団体客を受け入れるための駐車場やテイスティングルームなど広い土地が必要なため、その空間的な展開は周辺地域の新規の造園地区で有利となる。ハンターバレーのワインツーリズムは大規模ワイナリーを中心としたものに変化してきたが、特定の大規模ワイナリーがワインツーリズムを寡占する傾向を強めていることも地域的特徴のひとつである。これは、ワイナリーが空間的に分散して立地展開しているため、小規模ワイナリーや中規模、および大規模ワイナリーの連携が希薄なことに起因している。
Today, wine and food have long been regarded as an important component of the tourist experience. They are featured not only in tourism advertisements and promotion at the destination but also the extent to which they contribute to tourist attractions that plays the role in rural tourism development. The purpose of this research is to reveal the regional development of wine tourism and its spatial structure that is based on the development process of each winery in Hunter Valley, Hunter region, New South Wales, which is an Australian rural area. Wine tourism does not only mean tasting or purchasing wine in wineries, but also experiencing the whole process and understanding the food culture that goes hand in hand with the whole wine production in this area. The process includes the fermentation process from harvest to dine and the viticulture and its landscape. All these activities are used to build wine tourism in this area. Naturally socializing with local people and winemakers, experiencing the rural life that is related to the wine industry, as well as learning the history of this area are recognized as the main reasons of visiting wine regions. As Saitoh (2010) mentioned that wines reflect their localities and enable us to form an image of the landscapes and the smell of the regions from drinking the wine. It is significant to review how this area has been developed as a wine tourism region by merging factors such as climate, society, economy, history and culture in this area. Hunter Valley is located approximately 3 hours north of Sydney and this region has played a role in the history of Australian wine as the first wine regions where viticulture started in 19th century. Five main regions in Hunter Valley – Pokolbin, Mount View, Broke, Wollombi and Cessnock - consist of Hunter Valley Wine Country. We focus on Pokolbin area that plays a key role in wine tourism in Hunter Valley. To capture the characteristics of wine tourism, statistics analysis and interview data are analyzed. Regarding the spatial structure, from 1990's, most of the wineries were located along the main road so that it was easier to transport the products to markets in the cities such as Newcastle and Sydney, which was the main purpose because at that time wine tourism had not been developed. Afterwards with the improvement of the highways, the vineyards in surrounding areas also developed and it was also dispirited. Such a dispersive structure reflects the landform of Hunter Valley. The increase in interest of the product by the society led more people to visit the area and encouraged them to purchase the products. As a result of analyzing the location of each winery, wine tourism in this area had been established from late 1990's. However after 2000's the establishment of new wineries has stopped but other attractions such as accommodations, restaurants and weddings had increased. New trends and restructuring were also seen in this area. So as to capture the new trends, we divided wineries into two patterns; large-scale wineries and small-scale wineries. As for the small-scale wineries, they do not promote wine tourism but have developed from dealing with the small amount of visitors. We can place the small-scale wineries as the traditional wine tourism. On other hand the large-scale wineries do not only produce wine but also have other multiple attractions such as coping with wine tourism, which turned into a mass tourism attraction. These wineries attract visitors from within and outside the country too which is why they use greater land for their business as compared to the small-scale wineries and thus the special structure and establishment in the surrounding areas is favorable to them. Wine tourism in Hunter Valley has been changed into a one that has a focus on the large-scale wineries. However, it also means an oligopoly market of the specific large-scale wineries, due not to have any relationships between large-scale and small-scale wineries because of its dispersed structure.
Full-Text

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3470&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information