Thesis or Dissertation Geographical distributions of dog attacks on koalas and their local's awareness : a case study in Lemon Tree Passage, New South Wales, Australia

Arai, Kazane

pp.1 - 113 , 2015-03-25
Description
Over the years, human have been developing wilder range of lands for e purposes such as agriculture or housings. As a result, many species in the world have already disappeared and still countless number of species is under the course of extinction. Koalas, Australia’s native species, are also one of them and their survival has been threatened mainly because of habitat loss. What is more, in the rapid urbanization in Australia, not only habitat loss but also other human-induced problems such as road kills, disease, and dog attacks have been dramatically reducing the koala population. Among those anthropogenic causes of decline in koala population, dog attacks are the third largest threats to koalas after habitat loss and road kills. Furthermore, most dog attacks on koalas take place in dog owners’ own yard, suggesting that its prevention is largely dependent on dog owners. Therefore, this research focuses on dog attacks on koalas and reveals their geographical distribution patters, awareness of local people, and effectiveness and challenge of the local policies on them. In detail, where in residential areas dog attacks on koalas happen, how many dog owners take actions for preventing them, how many the locals recognize their threads, whether signs on koalas locate proper places and have appropriate messages, and how each policy on dog management is implemented at the council as well as their challenges were investigated. Lemon Tree Passage in New South Wales, located close to Newcastle, was selected as study area because the highest density and number of dog attacks occurred in the area. Furthermore, an email inquiry as to dog management policy in the Port Stephens Council where Lemon Tree Passage belongs to was undertaken to see how each policy is implemented and its effect. The results showed two clusters of high dog attack density areas in South Australia (SA) and Queensland (QLD) each and both of their distributions were mostly centered at residential areas around a major city at each state in terms of land use. On the other hand, when it comes to urban and rural classifications, their distributions illustrated different patterns. In detail, dog attacks distributions of SA are regarded as urban type where their distributions primary occurs at urban areas close to the major city. In contrast, distributions pattern in QLD is considered as rural type where dog attacks take place at rural areas of inlands, which are far away from the large city. However, similarity in SA and QLD is also found in that dog attacks on koalas also happen at sub-urban areas or even in rural areas that would serve as rural city in the region. Thus, dog attacks on koalas appear to have some relations to population size and city function in each small area rather than in the state overall. As for how many dog owners take preventive actions against dog attacks on koalas in Lemon Tree Passage, approximately 30% of dog observed were outside at night when most dog attacks on koalas take place. This is considered to be because no educations on the need of keeping dog inside at night were provided by the Port Stephens Council. For example, out of eight signs on dog attacks, only one said keeping dog fenced in at night, which will not be as effective as keeping dog inside considering dogs are still outside where koala may walk across. Furthermore, in the case in Lemon Tree Passage, even if dogs are kept inside fences, dogs could freely move inside and could attack koalas, meaning keeping dog fenced in has little effect on preventing dog attacks on koalas. Additionally, a questionnaire to local people presented unrecognition of dogs as threats to koalas. This is considered to result from the absence of education to dog attacks on koalas because 60% of respondents said the council's education on dog attacks on koalas is insufficient. What is more, an email inquiry to the council shows the difficulty of patrolling dogs at night, when dog attacks on koalas mostly happen, on a daily basis because the staff who are in charge of patrolling have day shift and also have plenty of other task. Thus, both in terms of limited administrations in government and dog owners' responsibilities, the need of educations to dog owners so that they can prevent dog attacks on koalas by themselves was revealed. In conclusion, distribution patterns of dog attacks on koalas were different in urban and rural areas. Furthermore, in Lemon Tree Passage, preventions to the attacks were insufficient in terms of places, contents, and number of signs related to dog attacks, local's awareness, and local policies. Thus, it is important to enhance education to dog owners so that they themselves can take preventive measures against dog attacks on koalas, effectively addressing them.
この何年かの間、人間は経済的発展を目的として、例えば農地や住居などによって広大な土地を開発してきた。その結果、世界中の多くの種がすでに姿を消し、現在も、数多くの種が絶滅の危機にさらされている。オーストラリアの在来種であるコアラも、その危機にさらされている種の1つである。彼らの生存は、主に生息地の減少により脅かされている。さらに、オーストラリアにおける急激な都市化により、生息地の減少だけでなく、ロードキル(車などに轢かれること)や病気やドッグアタック(犬に襲われること)といったそのほかの人為的な問題も、彼らの生息数を劇的に減少させている。これらの人為的な要因の中で、ドッグアタックは、コアラにとって、生息地の減少とロードキルに次ぐ3番目に最も大きな脅威である。また、コアラへのドッグアタックのほとんどが犬の飼い主の家の庭で起こっていることから、その防止は、多いに飼い主に依存すると考えられる。したがって、この研究ではドッグアタックに焦点を当てることとし、コアラへのドッグアタックの地理的分布傾向、地元民の意識、地元の政策の効果とその課題を明らかにする。具体的には、住宅地のどこでドッグアタックが起こっているのか、どれくらいの飼い主がそのドッグアタックを防ぐための措置策をとっているのか、どれくらいの地元民がドッグアタックの脅威を認識しているのか、コアラに関する標識は適当な場所・内容であるか、市における犬の管理に関する政策がどのように実施されているかとその課題について調査した。調査地としては、ドッグアタックの発生密度と発生件数がともに最も大きかったLemon Tree Passageを選んだ。Lemon Tree Passageは、ニューサウスウェールズ州にあり、ニューカッスルの近くに位置する。さらに、Lemon Tree Passageが属するPort Stephens市に対して、犬の管理に関しての政策についてメールでの問い合わせを行った。結果は、サウスオーストラリア州(SA)とクイーンズランド州(QLD)のそれぞれで、ドッグアタックの密度が高い場所が見つかった。また、その分布は、土地利用の観点から見て、どちらの州でも主要都市の周辺の居住地域に集中していた。一方で、田舎と都会を区別する区画の地図上では、異なる分布傾向を示した。具体的には、SAは都会発生型と考えられ、ドッグアタックは主要都市の近い都会地域で主に起こっている。それとは対照的に、QLDは田舎発生型と考えられ、ドッグアタックは大都市から離れた内陸の田舎地域で多く発生している。しかし、ドッグアタックは、その地域での中心地として機能しているであろう郊外や田舎地域でも発生するという点では、SAとQLDには共通点も見られた。よって、コアラへのドッグアタックは、州全体ではなく、小さな地域単位での人口規模と都市機能が関連しているようであることがわかった。Lemon Tree Passageでどれくらいの飼い主がコアラへのドッグアタックを阻止するための対策をとっているかについては、観測された犬のうち、約30%が夜間も外にいる状態だった。夜間はほとんどのコアラへのドッグアタックが起こる時間帯である。これは、犬を夜間は室内に入れることについて、市から何の教育もなされていないためだと考えられる。例えば、観測された8個のドッグアタックに関する標識のうち、3つのみが犬を夜間はフェンスに入れることというメッセージを発していたが、それも犬を夜間に室内に入れることよりも効果は薄いと考えられる。なぜなら、コアラが通り過ぎるかもしれない「屋外」に犬がいることには変わりないからである。また、Lemon Tree Passageの場合、たとえ犬がフェンスの中にいたとしても、犬は自由にそのフェンスの中を動き回れる状態だったので、コアラを襲う可能性は十分にある。よって、犬をフェンスの中に入れるという行動はドッグアタックを防ぐのにはほとんど効果がないと考えられる。続いて、地元民へのアンケート調査によって、彼らがコアラにとっての犬の脅威を認識していないことが明らかになった。これは、飼い主へ教育がなされていないことに起因すると考えられ、実際に60%の回答者が、市によるコアラへのドッグアタックについての教育は不十分だと答えている。さらに、市役所へのメールでの問い合わせの結果、コアラへのドックアタックが主に発生する夜間に、日常的に犬をパトロールすることの困難が明らかになった。なぜなら、パトロール業務を行う職員は日中に働いており、その他の仕事も多く抱えているからである。従って、行政の限られた運営体制と犬を持つ飼い主の責任の双方の観点から、飼い主に対する教育の重要性が明らかになった。そして、彼らが自分たちでコアラへのドッグアタックを防げるようになることが求められる。結論として、コアラへのドッグアタックは、都市と農村で違いが見られた。そして、Lemon Tree Passageでは、標識の位置・場所・数、地元民の意識、行政の政策において、ドッグアタックへの対処が不十分であることがわかった。今後の課題としては、教育を強化し、犬の飼い主自身が責任を持ってドッグアタックを防ぐ体制作りをすることであろう。
Full-Text

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3469&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information