Thesis or Dissertation 生理指標を用いた観光行動時の潜在的な興味の推定に向けて

重松, 啓輔

pp.1 - 47 , 2015-03-25
Description
近年,日本の観光市場に対する期待の高まりは,国民生活に関する世論調査やオリンピックをはじめとした政府の観光立国へ向けた政策の力の入れ具合から見て取れる。また世界的に見ても,インターネットの普及や交通インフラの整備拡充により,人々の活動は時間的空間的に広がりを持つようになったことから,観光におけるニーズや価値観も日々多様化している。このような背景のもと,観光客のより詳細な行動や心理を把握することが求められている。観光客の心理や行動を把握・分析する従来からの手法として,質問紙法を用いたアンケート調査がある。アンケート調査では多くのサンプルを集めることができるため,観光地に来る観光客の実態把握や意識調査など,様々な場所で利用されている。その一方で,回答者の知識や想起に依存してしまう問題や時間精度の低い問題,必ずしも回答者の意識や考えと一致しないといった問題などがある。そこで近年では,GPSや心拍などの生理指標を用いた調査などでも行われるようになった。生理指標を用いた手法は,言葉による表現を用いず,生体反応の時系列変化を捉えることができるため,観光行動研究や観光心理研究に限らず,消費者行動調査やマーケティング調査においても,従来手法では分からなかった潜在的な心理や行動原理の解明に貢献すると考えられる。しかしながら,観光行動調査や観光心理研究において,潜在的な心理過程や行動原理についてアプローチした研究は十分であるとはいえない。このような背景から,観光中の人の潜在的心理変化を時系列的に把握するための端緒的な研究として,生理指標を用いて潜在的興味を推定するモデルを作成し,実空間で調査を行い,その可能性と課題を探ることとした。調査を行うにあたり,どのような生理指標を用いるかを検討した。まず視覚の果たす重要性や観光という事象が「みる」という行為と密接な関係にあるということから,アイマークレコーダを用いて視覚データを得ることとした。また,興味を推定するモデルについては,映像要約手法や消費者行動理論などの分野で用いられている手法を参考にした。具体的には,アイマークレコーダを用いて視線や瞳孔径といった,興味の度合いが身体的アクションや自律神経系に表出されるといわれる生理指標を測定し,それらを相互的に見ることで実空間における興味の推移を可視化した。まず予備調査では,首都大学東京南大沢キャンパス9号館9階喫煙所からのシーン景観を10分間眺めさせ,興味を抽出するための調査を行った。そしてその後,興味や関心を向けたと思われるモノやヒトや風景などを可能な限り記述回答させた。その結果,予備調査からは,周波数成分の推定区間を1分間ごとにしたことで,大まかな興味があったと推測できる期間を示すことができた。しかし,調査時間を10分と長く設定してしまったことや調査後の調査紙で,被験者の記憶,想起からのみしか回答を得なかったため,時系列的にどのタイミングで興味がわいたのかを把握することができなかったことが課題となった。この予備調査を踏まえ,本調査では,調査紙後にアイマークレコーダ越しに今見てもらった視野映像を再生しながら,どのタイミングで興味がわいたのかを思い出して回答させることとした。本調査は,高尾山で行い,リフトに乗車中(12分間)のシークエンス景観に対する反応を調査した。その結果,調査紙のような言葉により意識が言語化された対象物や風景に対する興味を推定モデルから時系列で抽出することができた。また,物理的なモノからの視覚情報だけでなく,「リフトがガタガタした」や「足がついた」といった現象に対して生起された「楽しい」といった感情も推定モデルから計測することができた。また,何度も同じ対象を注視していたり,長時間注視している傾向にあったものから,言葉や記憶には残らなかったものの,潜在的に興味を持っていたと思われる対象物を推定モデルから推測することができた。つまり,本研究で作成した推定モデルからは,被験者の意識的/潜在的な何かしらの心理的変化を捉えることができ,アイマークレコーダからの視野映像と合わせて確認を行うことで,その時間の推移とともに移り変わる情動の一端を捉えることが可能であるとの示唆が得られた。今後の課題は以下の通りである。まず何かしらの心的作用が観測された点を「興味がある場所」だと仮定し,推定モデルから興味を抽出することができても,それがどのような興味なのかということは,現段階ではわからない。今後は,具体的な興味の内容を把握していくことが課題である。また,アイマークレコーダを用いた実空間で行う調査の課題点として,キャリブレーションを行えるような面的な空間があるかどうかというのは,実験上考慮すべき点であることが分かった。
As a method to understand and analyze the psychology and behavior of tourists, there is a questionnaire survey with a questionnaire method. Since the survey that can collect a lot of samples, such as actual condition and Survey of tourists come to Landmark and is used in various places. On the other hand, there is always a problem and do not match the consciousness and thoughts of respondents, is a possibility that depends on the awareness and recall of respondents. Therefore, it is now also performed in such using a physiological index such as GPS and heart rate. Method using a physiological index is not used verbal expressions, which can capture the time series change in biological reactions. Therefore, not only the tourist behavior research and tourism psychology research, even in consumer behavior research and marketing research, it is believed that contribute to the understanding of potential psychological and behavioral principles did not know the conventional technique. However, in tourist behavior research and tourism psychological research, research that approach to potential psychological processes and action principle can not be said to be sufficient. From this background, as a first study for understanding in time series the potential psychological changes in human in tourism, create a model for estimating the potential interest using a physiological index and survey in outside the possibilities and challenges. Tourism is closely related to the act of "seeing" and importance of the visual, it was decided to obtain visual data using the eye mark recorder. Model that estimate the interest references a technique that has been used in the field of video summary techniques and consumer behavior theory. Using the eye mark recorder such gaze and pupil diameter, the degree of interest to measure the physiological index is said to be exposed to the physical action or autonomic nervous system, the transition of interest in the real space by looking them reciprocally visualized. In a preliminary investigation, let view 10 minutes scene scenery from Tokyo Metropolitan University Minami-Osawa Campus Building 9 floor smoking area, was investigated for extracting interest. After that, was written answers as possible, such as goods and people and scenery seems to be directed interest and concern. As a result, it is possible that the estimation interval frequency components were each 1 minute, it was possible to show that the period can be inferred that there is a rough interest. However, it has a problem because of two point. First, that it has the investigation time I set 10 minutes and long. Second, questionnaire after investigation, because it did not get the answers only from the recall and memory of subjects, it is impossible to understand whether the interest nowhere in chronological order any time. This preliminary Based on the investigation, in the present investigation, while playing the field of view video I had seen now in the eye mark recorder over after questionnaire, it was decided to make answer to recall whether interest is nowhere in any timing. The survey, carried out at Takao, was investigating the response to sequence landscape of the ride in the lift (12 minutes). As a result, it was possible to extract time series with interest in the object and scenery consciousness is verbalized by words like questionnaire from the estimated model. In addition, not only visual information from the physical things, it was possible also to measure the estimation model feelings of "lift has rattling" raised against phenomenon and "with feet", "fun" . It was possible to guess that potentially objects that may have had an interest from the estimated model. Many times or are watching the same subject, from that tended to have long gaze, did not remain in the words and memory, but potentially can be estimated an object that may have had an interest from the estimated model. In conclusion, from the estimated model created in this study, it was possible to capture the potential something psychological change in subjects. In addition, by performing the confirmation in conjunction with the visual field image from the eye mark recorder, suggests that it is possible to capture the end of the transitory emotions with transition of that time were obtained. As a problem point of investigation to be performed in real space using the eye mark recorder, whether the surface spatial capable of performing calibration is a point to be considered experimental.
Full-Text

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3467&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information