Departmental Bulletin Paper 小笠原諸島におけるオガサワラオオコウモリの食性
Food habits of the Bonin flying foxes, Pteropus pselaphon Layard 1829, in the Ogasawara (Bonin) Islands,Japan

鈴木, 創  ,  鈴木, 直子

41pp.1 - 11 , 2015-08 , 首都大学東京小笠原研究委員会
ISSN:03868176
NCID:AN00032332
Description
オガサワラオオコウモリPteropus pselaphonは、小笠原諸島に分布する唯一の固有晴乳類である。野外調査と文献調査から、31科42属105種 (91種及び亜種・変種・品種等14区分を含む) の植物と昆虫1種が餌として記録された。利用された植物105種において、固有種は12種 (11.4%)、固有種以外の在来種 (広域分布種) は7種 (6.7%)、外来の自生種は10種 (9.5%)、外来の栽培種は76種 (72.4%) であった。植物の摂食部位は148で、内訳は果実が68種 (45.9%)、花 (花軸含む) が43種 (29.1%)、葉 (葉柄含む) が37種 (25.0%) であった。全体の餌区分において外来の栽培種と外来の自生種を合計した割合が81.9%に及び、現時点の特に父島におけるオガサワラオオコウモリの食性が外来植物に偏っている実態が確認された。一方で、小笠原固有種や広域分布種等の在来の自生種の餌利用も多数確認された。このことから、オガサワラオオコウモリが小笠原の森林生態系において、重要な生態系サービスの提供者 (種子散布者・花粉媒介者) であることが示唆された。
Pteropus pselaphon is the only endemic mammal in Ogasawara Islands. We investigsted food habits of P. pselaphone between 2004 and 2014. We have found that P. pselaphopne used 105 plant species representing 42 genera of 3l families and one insect species as diets. Their food utilization biased toward alien plant species. Of these, 27 species were newly recorded as food of P. pselaphone. Portions utilized as diet were fruits in 68 species, flowers in 43 species, and leaves in 37 species. It was suggested that P. pselaphone has roles as a seed disperser and pollinator.
Full-Text

https://tokyo-metro-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2354&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information