紀要論文 「ちはやぶる」幻想 : 清濁をめぐって
A Study on "Chihayaburu" : With Reference to Purity and Impurity
吉海, 直人
YOSHIKAI, Naoto

内容記述
 百人一首業平歌の初句に関して、「ちはやふる」と清音で読むか、「ちはやぶる」と濁音で読むかという問題が存する。従来は全日本かるた協会の読みを尊重して、「ちはやぶる」と読むことが通例だった。ところが最近「ちはやふる」というマンガが流行したことにより、書名と同じく清音で読むことが増えてきた。そこであらためて清濁について調査したところ、『万葉集』では濁音が優勢だったが、中古以降次第に清音化していることがわかった。業平歌は『古今集』所収歌であるし、まして百人一首は中世の作品であるから、これを『万葉集』に依拠して濁音で読むのはかえって不自然ではないだろうか。むしろ時代的変遷を考慮して「ちはやふる」と清音で読むべきことを論じた。
本文を読む

https://dwcla.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1540&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報