Departmental Bulletin Paper 百人一首の英訳から見る「ちはやぶる」表記の変遷
Transitions in the Writing of "Chihayaburu" in English Translations of Hyakunin Isshu
オルショヤ, カーロイ
Orsolya, Károlyi

Description
 百人一首の初英訳は1865 年に、F. V. Dickins 氏によって作られた。Dickins 自身がその後、2 回も翻訳を試み、その他も数多くの英訳が作られ、その数はこれまで20訳以上に上っている。それらの英訳のほとんどに歌のローマ字翻字も記されており、17 番の在原業平の歌の翻字を調べてみたところ、歌の枕詞「ちはやぶる」が濁音で表記される翻字もあれば、清音で表記されるものもあった。日本においての享受史を調べてみたところ、以前「ちはやぶる」を清音で表記する時期もあった。例えば、明治・大正時代のものだと思われるかるたの札を見てみると、ほとんどが清音表記になっている。そこで本稿においては、「ちはやぶる」のローマ字翻字と、英語圏、また日本における享受について検討し、この枕詞を濁音ではなく、清音で表記するべきだと結論付けた。
Full-Text

https://dwcla.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1538&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information