Departmental Bulletin Paper 地域情報化に向けたNPO法人のミッションとマネジメント : 事業報告書にもとづく経営分析
Mission achievement evaluations of Japanese social entrepreneurs with balanced scorecards : The nonprofits face the demand uncertainty of digital literacy enhancement
加藤, 敦
KATO, Atsushi

 本研究の論点は「草の根情報化」にあたるNPO 法人について,(1)一般に活動成果と経営実態にはどんな状況か,(2)環境変化に直面したNPO 法人は環境適合がうまくいっているのか,(3)どのような環境適合戦略を進めているのか,ということである。そこで筆者は,各法人が提出している事業報告書等を用いてNPO 法人の活動成果を「ミッション達成度」並びに「マネジメント成熟度」という2 つの視座から検証するとともに,組織の環境適応理論にもとづき,環境変化に直面したNPO 法人の環境適合戦略についての事例研究を実施した。 その結果,「ミッション達成度」と「マネジメント成熟度」がともに満足すべき水準である法人は全体の4割程度であること,環境変化に直面したNPO 法人の活動成果指標が特に劣ることはないことが明らかになった。また,環境適合を進めるにあたり地域などの外部リソースを適切に活用することの重要性を確認した。
In Japan, around 600 nonprofits have been founded to promote effective information and communication technology(ICT)utilization in local communities. Indeed their activities are important but there are few researches on their performances. The researcher makes a study of their annual reports and evaluates the “mission accomplishment” and the “management maturity” of each organization. The evaluations with 152 organizations and the three case studies have shown some performance issues and the adaptation strategies of Japanese nonprofits.

Number of accesses :  

Other information