Departmental Bulletin Paper 瀝青の語誌 : 聖書漢訳と近代鉱物学による語義の拡大
The history of the word rekisei (asphalt) : the influences of the translation of the Holy Bible and mineralogy on Chinese
吉野, 政治
YOSHINO, Masaharu

 「瀝青」は松脂を原義とするが、現在は原油から取れるアスファルトやコールタールやピッチの意味で用いられている。この意味は二つの西洋の文化との接触によって生じたものである。 その一つは聖書である。モリソンが聖書を漢訳しようとした時、中国語にはアスファルトを意味する語がなかった。そこで彼は似たものを指す「瀝青」を用いた。この「瀝青」の意味はヘボンによって日本に伝えられたようであり、『和英語林集成』第3版 (1886刊) にその意味が初出する。 もう一つは近代鉱物学である。当初鉱物学者たちはアスファルトなどを「土瀝青」また「地瀝青」と訳したが、後には「瀝青」とだけ言うようになった。現在我々が用いている「瀝青」この鉱物学会の術語であったと考えられる The old Chinese word rekisei mean "pine resin". Now it refers to asphalt, cortar and pitch. This change meaning was caused by the acceptance of two types of Western knowledge. The first was the Holy Bible. When R. Morison translated the Holy Bible into Chinese, — there was no Chinese word for asphalt, so he used rekisei. This new meaning was introduced into Japanese by J. C. Hepburn’s "Japanese-English and English-Japanese Dictionary" third edition (1886). The second type of knowledge was mineralogy. Japanese mineralogist had previously used the translation do-rekisei and chi-rekisei (do and chi means "earth") for "asphalt" but do and chi gradually came to be left off, so the current term is rekisei for asphalt, cortar and pitch.

Number of accesses :  

Other information