紀要論文 地域包括支援センターのネットワーク構築に関する課題 -運営主体別三職種の認識の比較-
Awareness in Comprehensive Community Support Centers Regarding the Construction of Support Networks - Comparison of recognition of three job categories in two different management systems -

大沼, 由香  ,  小池, 妙子  ,  富田, 恵  ,  工藤, 雄行  ,  中村, 直樹  ,  寺田, 富二子

8 ( 1 )  , pp.47 - 57 , 2017-03-31 , 弘前医療福祉大学紀要編集委員会
ISSN:2185-0550
NII書誌ID(NCID):AA12475995
内容記述
本研究の目的は、地域包括支援センターにおけるネットワーク構築についての三職種の認識を比較し、その課題と求められる支援を検討することである。青森県内の直営型と委託型地域包括支援センター20カ所の三職種59人を対象として半構造化面接を行い、修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いて分析した結果を比較検討した。両センターの三職種は、協働と個々の専門性を活かしたネットワーク構築を認識していたが、「リンケージ」レベルの連携の継続に留まっていた。また、個別支援ネットワークと地域支援ネットワークの関連付けの方法についても課題があることが明らかになった。さらに直営型地域包括支援センターはセンターは、行政職であることと、専門職の自負をもって協働し、委託型地域包括支援センターは地域包括支援センター職員であること自体を強く認識して多職種や地域と関わっている特性が明らかになった。
本文を読む

http://hrr.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10634/8327/1/HirosakiIryoFukushi_8%281%29_47.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報