紀要論文 直営型地域包括支援センターにおける地域支援ネットワーク構築の促進要因 : 三職種の認識を通して
Promoting factors of network building at a directly managed integrated community support center – as perceived by the tri-professions for care

工藤, 雄行  ,  大沼, 由香  ,  寺田, 富二子  ,  中村, 直樹  ,  小池, 妙子

3 ( 1 )  , pp.43 - 50 , 2015-03-31 , 弘前医療福祉大学短期大学部内紀要編集委員会
ISSN:2187-6436
NII書誌ID(NCID):AA12667384
内容記述
筆者らはこれまで、直営型地域包括支援センターの三職種(社会福祉士、主任介護支援専門員、保健師)に焦点を当て、地域支援ネットワーク(以下、ネットワーク)の構築について、それぞれどのような認識を持っているのか明らかにしてきた。本稿ではその結果を踏まえ、三職種の認識を通して、ネットワーク構築の促進要因を明らかにすることを目的とする。 結果、三職種は目標共有と尊重・協働、専門職、行政職としての自覚を基盤として、それぞれが役割を遂行していた。その先にはネットワーク構築があると認識しているが、自らの役割の積み重ね以外にネットワーク構築へ向けてのプロセスは意識化されておらず、ビジョンの共有には至っていなかった。多職種協働によるネットワーク構築の機会となる地域ケア会議の見直しと、ネットワーク構築過程でのモニタリング機能の充実がネットワーク構築の促進要因となることが明らかになった。
本文を読む

http://hrr.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10634/7653/1/HiroIryoFukushiTanki_3%281%29_43.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報