紀要論文 高齢者の生活支援をめぐるケアマネジメントのあり方 : 高齢者虐待問題を中心に
Challenges Concerning How Care Management Should Work to Provide Living Assistance for the Elderly-Focused on the Problem of Elder Abuse

戸来, 睦雄  ,  福士, 尚葵  ,  大和田, 猛

3 ( 1 )  , pp.27 - 41 , 2015-03-31 , 弘前医療福祉大学短期大学部内紀要編集委員会
ISSN:2187-6436
NII書誌ID(NCID):AA12667384
内容記述
2000年4月に改正された社会福祉法では、第3条に福祉サービスの基本理念として、個人の尊厳の保持や日常生活の支援については良質かつ適切なものであることを明示している。また、第5条で福祉サービス提供の原則を掲げ、福祉サービス提供においては利用者の意向を十分に尊重することが明示されている。社会福祉サービスはこれまでの日常生活に支障のある人に対して、生活支援を行う場合の理念として、基本的人権の尊重、主体性の尊重、自立生活の支援、自己実現の支援、権利擁護などが主張されてきた。近年、高齢社会を迎え、高齢者の介護の問題や認知症ケアのあり方などが多面的に議論されている。本稿では、高齢者虐待の問題を青森県内のサービス提供事業所及び職員に対して実施した結果を分析し、高齢者の生活支援をめぐるケアマネジメントのあり方について考察する。
本文を読む

http://hrr.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10634/7652/1/HiroIryoFukushiTanki_3%281%29_27.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報