Departmental Bulletin Paper アクティブラーニングの精神に立った数学授業
The Mathematics Class Embodying the Spirit of Active Learning

岡野, 恵司  ,  滝井, 章  ,  谷合, 弘行  ,  寺川, 宏之  ,  山中, 聡恵  ,  吉岡, 卓  ,  OKANO, Keiji  ,  TAKII, Akira  ,  TANIAI, Hiroyuki  ,  TERAKAWA, Hiroyuki  ,  YAMANAKA, Satoe  ,  YOSHIOKA, Suguru

(86)  , pp.31 - 47 , 2017-10-20 , 都留文科大学
ISSN:0286-3774
NCID:AN00149431
Description
 大学入試改革の動きと平行するかのように、次期学習指導要領では「アクティブラーニング」という用語が大きくクローズアップされている。その趣旨は「生徒の将来に役立つ力をつける学び、社会で求められる力を育てる学び」と言えよう。これを数学の授業にいかに具現化するかが重要となる。そしてその数学の授業への具現化が、学習指導要領の改訂に伴って行われる評価の観点の変更点──「関心・意欲・態度」「思考力・判断力・表現力」「知識・理解」「技能」という4 観点から「主体性・人間性」「思考力・判断力・表現力」「知識・技能」の3 観点に絞られる──につながると言える。本論文では、生徒一人一人の将来につながるアクティブラーニングの精神に立った数学の授業のあり方について、実際の授業をもとに述べる。
Full-Text

http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/bitstream/trair/809/3/Y-860031.pdf

Number of accesses :  

Other information