紀要論文 書記日本語文法理解発達過程の検討─ J. COSS 日本語理解テスト〈視覚版〉によって ─
The Development of Receptive Grammar in Written Japanese

中川, 佳子  ,  武蔵, 由香  ,  市原, 学  ,  小山, 高正  ,  NAKAGAWA, Yoshiko  ,  MUSASHI, Yuka  ,  ICHIHARA, Manabu  ,  KOYAMA, Takamasa

(86)  , pp.21 - 29 , 2017-10-20 , 都留文科大学
ISSN:0286-3774
NII書誌ID(NCID):AN00149431
内容記述
 J. COSS 日本語理解テスト〈視覚版〉を用いて書記日本語理解力を調査し、文法理解の発達過程を検討した。また、問題文を文字で提示した場合と口頭で提示した場合の発達過程を比較し、書記日本語文法理解力の特質を検討した。その結果、文字として問題文を提示する書記日本語理解力は小学校1 年では口頭で提示された場合よりも難度が高くなる傾向が認めらえたが、全体を通じては書記提示と口頭提示は理解力に差がないことが認められた。また、文法機能別に誤反応分析を行ったところ、小学校1 年の場合は、文字を読むことが負荷となり、一文が長くなると理解が困難になったが、全体的には複雑な構造により理解が困難になる傾向が示唆された。これらから、J. COSS 日本語理解テストは聴覚提示した場合と視覚提示した場合の発達過程に違いは認められず、視覚入力が有意な対象児者にとっては書記日本語理解力を評価する有効なテストであると考えられる。
本文を読む

http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/bitstream/trair/808/3/Y-860021.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報