Departmental Bulletin Paper PAC 分析を用いた特別な配慮が必要な交換留学生受け入れについての考察― 障がいを伴う病気を持った交換留学生のケース―
PAC Analysis on an Incoming Exchange Student with Special Needs: The Case of a Student with Disability

岡部, 真理子  ,  OKABE, Mariko

(85)  , pp.225 - 241 , 2017-03-01 , 都留文科大学
ISSN:0286-3774
NCID:AN00149431
Description
協定校の増加に伴い交換留学生の派遣・受け入れが広がるとともに、本学ではさまざまな国から交換留学生を受け入れる機会が増えている。病気を持つ学生や身体的な障がいを持つ学生、自閉症スペクトラムの学生など、これまであまり受け入れた経験がなかった特別な配慮・支援を必要とする交換留学生がここ数年で着実に増えてきている。そのような留学生に対するケアをどのようにするかは手探り状態であり、これからノウハウを蓄積していかなくてはならないという状態である。本研究では、身体的障がいを伴う病気を持って日本への留学を果たした交換留学生に協力してもらい、PAC(個人別態度構造)分析を行った。PAC 分析の結果、参与観察の記録、半構造化インタビューのデータから、この留学生にとって日本への留学がどのような意味をもっていたか、またどのようなサポートが必要だったか、実際にどのようなサポートが役に立ったかを探り、今後の留学生へのサポート体制を構築していく上での資料とすることを目的とする。
Full-Text

http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/bitstream/trair/796/1/Y-0850225.pdf

Number of accesses :  

Other information