Departmental Bulletin Paper 発達障害傾向の小4男子のいじめられに関する 臨床心理技法を応用した学級経営と個別補習による指導 ―担任教師とカウンセラーの連携による学級全体の健全化―
Application of Clinical-playtherapy in Daily Clases to Modify Co-operative Behaviours of a 4th-grade ASD-boy and his Bullying-classmates: Collaboration of Homeroom Teacher and Co.

春日, 作太郎  ,  上嶋, 洋一  ,  Sakutaro, KASUGA  ,  Yoichi, UEJIMA

(21)  , pp.131 - 149 , 2017-03-19 , 都留文科大学大学院
ISSN:1880-1439
NCID:AA11162950
Description
 自閉症スペクトラムとしての特徴の一部をある程度持つため級友との対人関係に齟齬を来たし級友から仲間外れや砂かけなどのいじめを受けている小学校4 年生の男児の所属学級において、通常の教育指導に田上(2006)の法を始めとした行動療法的遊戯療法の手法を導入し、障害傾向の男児にも社会的行動の補足指導を行いながら参加させたところ、双方の問題行動は減少し適応的な行動が増加し、楽しく安心して活動できる学級風土が醸成された。
Full-Text

http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/bitstream/trair/780/1/Y021131.pdf

Number of accesses :  

Other information