紀要論文 江帥集』後半部に関する二、三の考察- 『大弐集』作者と匡房、「三位殿」と匡房-
A Study on the Latter Half of Gounosochishu :  The Author of Dainishu and Masafusa, Sanmidono and Masafusa

高野瀬, 惠子  ,  TAKANOSE, Keiko

(82)  , pp.17 - 29 , 2015-10-20 , 都留文科大学
ISSN:0286-3774
NII書誌ID(NCID):AN00149431
内容記述
 『江帥集』は、平安後期、後三条・白河・堀河の三代にわたって活躍した儒者大江匡房の家集である。伝本は、冷泉家時雨亭文庫蔵本とその書写本である書陵部蔵本のみ。匡房の家集としては、他に有吉保氏蔵『匡房集』と京都府立総合資料館蔵『匡房卿家集』の二本があるが、この二つはいずれも江戸期成立の他撰で、勅撰集、私撰集、類題集等から匡房歌を抽出して成立した集である。これに対して『江帥集』は源泉的家集であり、現存する集は自撰によるものに他撰らしい部分を加えて成立したと見られる。儒者官僚として大江氏中最高位に昇っただけでなく、『洛陽田楽記』『続本朝往生伝』『江家次第』等の多数の著作でも知られる匡房は、また源経信と並ぶ和漢兼作の大家として知られたが、その歌人としての活動を具体的に知る資料として『江帥集』は貴重である。ここではその後半部の内容について考察したことの幾つかを報告する。
本文を読む

http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/bitstream/trair/719/1/T-082017.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報