紀要論文 「『話』らしい話のない小説」から小説を包み込む「話」へ- 『雪国』の「語り」と「無」と「美」-
Fromʻ a Novel without a Proper “Story”ʼ to a Novel Enveloped in “a Story”: Narrative, Nothingness, and Aesthetics in Snow Country

周, 非  ,  ZHOU, Fei

(82)  , pp.1 - 15 , 2015-10-20 , 都留文科大学
ISSN:0286-3774
NII書誌ID(NCID):AN00149431
内容記述
 本論は川端康成の『雪国』の「語り」の問題に焦点を当て、『雪国』の語り方と「詩的精神」および「『話』らしい話のない小説」をキーワードとする芥川の晩年の芸術観との相関関係を論じたものである。その関係が解明されることによって、『雪国』の「語り」に隠されている川端の言語観も浮上し、『雪国』の「美」の問題は実は作品の語り方と深く関係するということも見えてくるだろう。
本文を読む

http://trail.tsuru.ac.jp/dspace/bitstream/trair/718/1/T-082001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報