紀要論文 日本・韓国・中国の乾漆像
Dry-Lacquer Buddhist Statues in Japan, Korea and China

片岡, 直樹  ,  KATAOKA, Naoki

49pp.33 - 47 , 2017-07 , 新潟産業大学経済学部
ISSN:1341-1551
NII書誌ID(NCID):AN10492758
内容記述
日本における乾漆像には脱活乾漆像と木心乾漆像の2種類がある。このうち脱活乾漆像は中国(唐)からもたらされた技法によるもので、7世紀半ばから8世紀(白鳳時代~天平時代)にかけてつくられた。木心乾漆像は日本独自のもので、8世紀末から9世紀初頭(天平時代末期~平安時代初頭)につくられた。本稿では日本の乾漆像の主要な作例について、その成立過程と制作技法を紹介するとともに、中国・韓国の作例との比較を通して若干の私見を述べることにしたい。
本文を読む

http://nirr.lib.niigata-u.ac.jp/bitstream/10623/71666/1/49_33-47.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報