Departmental Bulletin Paper 溶液と気相で作製した3-メルカプトプロピオン酸薄膜の分子配向
Orientation of 3-Mercaptopropionic Acid Film Prepared in Liquid and Gas Phase

アブドレヒミ, アブドゲニィ  ,  ABDUREYIM, Abuduaini

48pp.59 - 64 , 2017-01 , 新潟産業大学経済学部
ISSN:1341-1551
NCID:AN10492758
Description
Au(111)基板上に3-Mercaptopropionic Acid (MPA) 分子の自己組織化膜を作製し、この膜をペニングイオン化電子分光(PIES)および紫外光電子分光(UPS)によって評価した。測定結果と分子軌道計算結果を合わせてスペクトルの帰属を行い、自己組織化膜における分子の配向や薄膜の構造などに関する知見を得ることができた。溶液と気相式の二種類方法で作製したMPA自己組織化膜では、MPA分子はランダムな配向を取った多分子層膜を形成する。気相式で作製した膜は溶液で作製した膜よりももっとランダムな配向を取った多分子層膜を形成する。
Full-Text

http://nirr.lib.niigata-u.ac.jp/bitstream/10623/69767/1/48_59-64.pdf

Number of accesses :  

Other information