紀要論文 離散的数量調整過程の代数構造
On the Algebraic Structure of Discrete Quantity Adjustment Processes

八木, 直人  ,  YAGI, Naoto

46pp.19 - 31 , 2016-02 , 新潟産業大学附属東アジア経済文化研究所
ISSN:1341-1551
NII書誌ID(NCID):AN10492758
内容記述
本論文では,(S, s) 在庫政策を伴う一般的な投入産出構造と時間構造を持つマクロ経済モデルを提示し,経済変動における離散的数量調整過程の特性を分析する。とくに個々の企業の生産および派生需要の伝播によるマクロ的在庫調整過程をそれぞれ演算として定義し,在庫調整過程の安定性に関する条件を示す。また演算の集合としての群を定義し,外生需要によって引き起こされる在庫調整過程を代数的に分析するアプローチを示すとともに,在庫調整過程とマクロ動学における安定集合の代数構造を分析する。最後に,マクロ経済の在庫水準の長期的な定常状態について分析する。
本文を読む

http://nirr.lib.niigata-u.ac.jp/bitstream/10623/60906/1/46_19-32.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報