紀要論文 米本位制地域通貨、風輪通貨の取り組み
“HUURIN” Community Currency System based on rice growing in Kashiwazaki-city

阿部, 雅明  ,  ABE, Masaaki

46pp.1 - 11 , 2016-02 , 新潟産業大学附属東アジア経済文化研究所
ISSN:1341-1551
NII書誌ID(NCID):AN10492758
内容記述
経済のグローバル化による社会的歪みや環境問題が深刻化する中で、「地産地消」の取り組みなど、様々な地域活性化の取り組みが行われている。本研究では、それらの取り組みの一つである「地域通貨」を実際に柏崎市において導入し、地域活性化につなげるための活動を紹介する。地域通貨の研究はこれまで、成功例や失敗例などの調査を通じた事例研究や、地域通貨ゲームの構築を通じた仮想的な実験による研究が主に行われてきたが、本研究では、研究者自身によって、地域通貨を実際に流通させその効果を検証するという社会実験を行っている。本研究は、社会的効果の検証において、まだ途上の段階にあるが、2008年から開始した本活動のこれまでの経過報告として、現時点までの成果をまとめることとした。そこで、本論文では、まず、地域通貨が必要とされる社会的背景をまとめた後、地域通貨の特徴・歴史について簡単にまとめ、最後に、本研究者が導入を進めてきた地域通貨「風輪通貨」の流通システムや、これまでの成果をまとめている。
本文を読む

http://nirr.lib.niigata-u.ac.jp/bitstream/10623/60904/1/46_1-12.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報