紀要論文 SPOTをクオリファイングテストとして活用するための基礎研究

竹内, 明弘

内容記述
この論文はSPOTを国際大学のクオリファイングテストとして何らかの形で使用する可能性を探るための基礎研究である。先行研究として上級コースを対象に行われた竹内(2002)の分析を初級、中級レベルにも行ったものである。初級と中級の成績とSPOTとは相関がかなり見られ、このことはSPOTがクオリファイングテストとして組み込むことが可能なことを示唆しているが、上級での使用には問題がある。
本文を読む

https://iuj.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=628&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報