Departmental Bulletin Paper 層状チャートの成因による時間記録様式の差異に関する研究

小出, 良幸

(103)  , pp.1 - 27 , 2018-02-01 , 札幌学院大学総合研究所 = Research Institute of Sapporo Gakuin University
Description
 層状チャートには,さまざまな成因が古くから提唱されてきた。これらの成因の中から,可能性の高いものを選定していく方法を考え実施した。その結果,生物大絶滅説と生物大発生説,タービダイト流説が残った。成因ごとに層状チャートの構成岩石の堆積様式が異なってくるので,時間記録の様式に関する記録媒体,記録期間,記録速度などをモデル化してシミュレーションをして検討をおこない特徴と差異をまとめた。
 Various origin hypotheses were advocated to bedded chert. Some hypotheses with a high possibility were selected from them. As a result, mass extinction, explosion and turbidite hypotheses have been left. The sedimentation styles of selected hypotheses were modeled. The author discusses the characteristics and differences of recording media, time span, recording speed of these models.
論文Article
Full-Text

https://sgul.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2857&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information