Departmental Bulletin Paper 情報教育課題合格ログデータによる受講生の類型化

中村, 永友  ,  松井, 佑介  ,  石川, 千温  ,  渡辺, 慎哉  ,  小池, 英勝

Description
研究ノート
札幌学院大学の情報教育は,コンピュータ・リテラシ,ワードプロセッサ,表計算ソフトウェアのスキルを身につけるための数多くの課題を課しており,課題の合格は単位取得に直結している.このスタイルの授業を始めて以来問題となっているのは,課題の進捗状況を能動的に把握しない学生が途中で脱落したり,出席良好にもかかわらず単位未修得となる学生の存在である.時系列的な課題合格情報を用いて,受講生の類型化とそれを基にした教育指導のための基礎的な資料を作成するための基礎研究を行った.
Education for usage of word processor and spreadsheet software are carried out at Sapporo Gakuin University. In order to improve the students’skills of these software, we impose a number of exercises. Passing this exercises is directly connected to the acquisition of credits. The objective of this report is to classify the students’advancement in the submission of tasks according to the number of passing grades. It is possible to carry out various analysis according to the functional data analysis based on the number of passing grades of individual exercises. We try to prepare the materials for the guidance of each student by investigating the characteristics of each group.
Full-Text

http://sgulrep.sgu.ac.jp/dspace/bitstream/10742/2046/1/SK-3-001.pdf

Number of accesses :  

Other information