紀要論文 労働者階級の再生産戦略と家族

浅川, 雅己

内容記述
ジェーン・ハンフリーズの一連の研究の意義は,家族をユートピアとみる点にあるのではない。その意義は,労働者階級の自己再生産は,資本と賃労働の対抗関係,資本主義的生産関係の在り方に依存していることを示した点にある。ただし,このように理解することは,再生産をめぐる諸困難との対決を先送りすることを正当化するものではない。ハンフリーズの研究は,「労働供給のコントロール」が労働者階級の再生産の在り方を大きく左右するものであることを明らかにした。そこから,労働者階級の再生産戦略の今後についていくつかの示唆を引き出すことができる。
論文
Article
本文を読む

https://sgul.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=388&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報