紀要論文 ネット社会における安全と安心 : 情報セキュリティ論からITリスク学へ

佐々木, 良一

24 ( 1-2 )  , pp.1 - 14 , 2015-03-30 , 札幌学院大学総合研究所
ISSN:0917-673x
内容記述
社会のITシステムへの依存の増大に伴い,ITシステム関連の安全の問題を従来の情報セキュリティ技術だけで解決するのは困難な時代になりつつある.このため,著者らは不正によるものだけでなく,天災や故障ならびにヒューマンエラーも対象とし,ITシステムが扱う情報だけでなくITシステム自体やITシステムが扱うサービスに関連して発生する安全の総合的問題を「ITリスク」と呼び,それを解決するための学問を「ITリスク学」と名づけ,研究を進めてきた.本論文では,最初にITリスクへの対策が重要となった背景を説明したのち,他のリスクと比べたITリスクの特徴に関する分析結果を示す.次に,ITリスク学の定義を明確にするとともに,ITリスク学を構成する要素技術を明らかにし,著者らが行っている最近の研究動向を紹介する.
With increase of the dependency of society on IT systems, it is becoming difficult to solve safety issues of IT systems based on the conventional information security approach. Therefore, we proposed the concept of“IT risks science”and continued the studies to solve comprehensive safety issues caused by not only the injustice but also a natural disaster, failure of hardware and human error, and having the effect not only to information treated by IT systems but also IT systems itself and services treated by IT systems. This paper explains the necessary background of measurers against IT risk, and then shows analytical results of the IT risk characteristics compared with other risks. Next, the author makes the definition of IT risks science clear, clarifies the elemental technologies to constitute IT risks science,and introduces the recent trend of the IT risks science
試論
Research Note
本文を読む

https://sgul.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1780&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報