紀要論文 高齢者のヘルスリテラシーの現状と課題 : 札幌近郊の高齢者を対象とした調査から

北田, 雅子  ,  中村, 永友  ,  山代, 寛

内容記述
高齢者のヘルスリテラシー(HL)は,健康行動を自ら選び決定していく能力として,健康寿命の延伸,高齢期のQOL,主観的健康観や幸福感とも強く関連する.今回は,高齢者のHLの現状を把握し,HLの向上に必要な課題を明らかにすることを目的に,札幌市近郊の高齢者を対象に質問紙票による自記式調査を実施した.その結果,健康や医療に関する情報を多種多様な情報源から選び出せるものの,その情報を理解し伝える能力,そして,その情報を吟味する能力に課題があることが明らかとなった(伝達的・批判的HL).
Health literacy (HL),the capacity of individuals to access,understand and use health information to make informed and appropriate health decisions,has been recognized as an important concept in elderly health management and health care. HL strongly related to successful aging,QOL,subjective well-being and happiness. The aim of this study is clarified the HL status in elderly of subjects in order to promote high-level HL. We performed a questionnaire survey. This study found that capacity of obtain information was well,however,capacity of interactive and critical HL were needed to be more trained.
教養教育
Liberal Arts
本文を読む

https://sgul.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1818&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報