紀要論文 上智大学国文学会平成二十七年度冬季大会シンポジウム概要: 詩の解釈と教授法
1.萩原朔太郎「竹」の解釈と教授法 2.作者の思い、読者の自由 3.詩の〈空白〉における解釈と教授法の問題: 山村暮鳥詩「りんご」 4.漢詩の解釈と教授法: 典拠の活用
ジョウチ ダイガク コクブンガッカイ ヘイセイ27ネンド トウキ タイカイ シンポジウム ガイヨウ シ ノ カイシャク ト キョウジュホウ

福井, 辰彦  ,  岸田, 有司  ,  中西, 咲哉  ,  原, 貴子

(50)  , pp.89 - 94 , 2017-01-20 , 上智大学国文学会
ISSN:02880210
NII書誌ID(NCID):AN00115586
内容記述
上智大学国文学論集第50集記念号
本文を読む

http://digital-archives.sophia.ac.jp/repository/view/repository/20170525024

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報