紀要論文 今なお悲劇的世界観を語ることはできるのか?: ラシーヌ『アタリー』(1691)をめぐって
イマ ナオ ヒゲキテキ セカイカン オ カタル コト ワ デキルノカ ラシーヌ アタリー 1691 オ メグッテ

小倉, 博孝

(50)  , pp.101 - 130 , 2016-03-20 , 上智大学仏文学科
ISSN:02881934
NII書誌ID(NCID):AN00115702
本文を読む

http://digital-archives.sophia.ac.jp/repository/view/repository/00000035802

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報