紀要論文 科学の相対性とリスク
Relativity of Science and Modern Risk

酒巻, 秀明

4pp.29 - 40 , 20160302 , 東京女子大学現代教養学部国際社会学科社会学専攻紀要編集委員会
ISSN:21876401
NII書誌ID(NCID):HP01502535
内容記述
ウルリッヒ・ベックは,現実と制度の乖離を放置した状態を,組織化された無責任のシステムと呼んでいる.ベックが,「世紀の誤認」とも言っているこの状態は,リスクの質が大きく変化したにも関わらず,その変化が無視されていることから生じたという.ベックが第一のモデルネから第二のモデルネへの変化と呼ぶこの変化は,人々の日々の行いによって生じたも関わらず,ほとんど意識されていないと言っていい.
この論考では,ベックの議論に従って,現代のリスクの特徴と,そこから現れる,何故リスクの変化が意識されないのかという問題について検討する.
ベックによると,現代のリスクの特徴は,科学的で,そのため目に見えないことである.我々は,多くの有毒物質の存在を,科学的な検査を通じてしか知ることができない.さらにそのことから,現代のリスクは,理論的でもある.リスクの原因や影響は,科学者によって構成されなければならない.そして,現代のリスクには規範的な側面がある.我々がどこまでのリスクを認めるのかということは大きく文化に依存している.
ベックは,これらの特性により,現代のリスクは無視されてしまったり,否認されてしまったり,議論の対象となり,何がリスクか解釈の余地を残す状態にあると考えている.
ベックは,このようなリスクの定義をめぐる問題を定義関係と呼び,リスクを巡る議論の中で,この定義を書き直すことの重要性を主張している.
In the contemporary world, the apparent disparity between reality and institutional premises is left unaddressed in many regards. Ulrich Beck calls this disparity a system of organized irresponsibility. While the quality of modern risk has shifted dramatically, this change has largely been ignored, which has resulted in “the confusion of centuries”. It is our day-to-day activities that have wrought this transition to “the second age of modernity,” even though we are not fully aware of it.
By tracing Beck’s argument, this paper tries to identify the characteristics of modern risk, and why this new kind of risk has had a tendency to go unnoticed.
The most important condition of modern risk, according to Beck, is that it is scientific. This categorization generates distinct characteristics. First, modern risk is invisible. For instance, the existence of toxic substances and the degree of their danger can only be known with the help of scientific analysis. Second, modern risk is theoretical. The causes and effects of risk must be constructed through scientific discussion. Lastly, modern risk has a normative aspect. The extent to which a certain risk is accepted varies from culture to culture according, for example, to each society’s standard of living.
As a result, modern risk can be easily overlooked, or even denied. A particular estimate of risk is always debatable, which makes it appear merely as a matter of interpretation.
Beck stresses the importance of risk definition and urges us to re-conceptualize it as we engage in societal discussion
本文を読む

http://opac.library.twcu.ac.jp/opac/repository/1/5842/03.SAKAMAKIHideaki_20160302.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報