紀要論文 「特別の教科 道徳」導入をめぐる現今の問題
Today’s Issues surrounding the Introduction of Morality

雨田, 英一

66 ( 1 )  , pp.187 - 208 , 20150930
ISSN:04934350
NII書誌ID(NCID):AN00161550
内容記述
The Ministry of Education, Science and Culture revised the Course of Study in 2015. Morality was introduced as a special subject in this New Course of Study. Teachers will have to use the government authorized textbook and assess students’ learning.
Classes will begin in junior high schools in April 2019 and in April 2018 at elementary schools.
The main object of the revision is aimed at moral education that enables students improve their ability to use their knowledge in daily life. It is emphasized that for this purpose, current teaching methods in which teachers mostly make students interpret texts, have to be replaced by new methods in which students find a problem in daily life, analyze the situation multilaterally and search for a way to solue the problem.
The aim of this paper is to analyze the introduction of Morality in primary and junior secondary school education, and to try to throw light on the meaning and problems of moral education at schools in Japan today.
The focus is on:
1. ‌The process, the point and the theme of the introduction of Special subject Morality
2. ‌The basic character and problem of the moral education in the prewar period
―The Hare and the Tortoise in a textbook published by Shuushin
3. The basic character and problem of moral education in the postwar period
―The Magician and Seijitsu, the most popular teaching materials
4. ‌The basic characteristics and problems with Seijitsu, which is related to the foundation of the Japanese life-style.
2015年に、文部科学省は学習指導要領を改正した。これによって、「特別の教科 道徳」が新たに設置された。教師は検定教科書を使用し、生徒の学習状況を評価すことになる。
小学校では2018年4月から、中学校では翌年4月から2019年度から実施される。
改訂の眼目は、子どもの日常生活で力となる道徳授業を目指すということであった。そのために、これまでの読み物中心の授業から、子ども自身が日常生活のなかで問題を発見し、多面的多角的に捉え、解決する道を探求する道徳授業に変える必要性を強調している。
本稿の目的は、小・中学校の教育への「特別の教科 道徳」の導入を分析し、日本の学校教育における道徳教育の基本的な性格と問題点課題を明らかにすることである。
焦点は以下のところに置いた。
1. 「特別の教科 道徳」の導入の経緯と意義と課題
2. 戦前期の道徳教育の基本的性格と問題点 修身教科書に載った「ウサギとカメ」
3. 戦後の道徳教育の問題点 最もポピュラーな教材である「手品師」の「誠実」
4. 日本人の生き方の根本に関連した「誠実」の問題点と課題
本文を読む

http://opac.library.twcu.ac.jp/opac/repository/1/5829/ameda_20150930.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報