紀要論文 ビスラマ語とツツバ語における意味の場と語彙借用:時に関する体系の比較と考察
A Comparison of time in Bislama and Tutuba:Semantic fields and lexical borrowing

内藤, 真帆

66 ( 1 )  , pp.157 - 176 , 20150930
ISSN:04934350
NII書誌ID(NCID):AN00161550
内容記述
In the Republic of Vanuatu, there are more than 100 languages, and most ni-Vanuatu people speak one of them in addition to Bislama, which is the national, common language for the speakers of the different languages.
After introducing the structure of simple sentences and noun phrases, I show how the semantic fields of time in Bislama and Tutuba, one of the other languages, are different. Additionally, I show how Tutuba speakers incorporate the Bislama semantic field when they speak Tutuba with other Tutuba speakers. Finally, the reasons and background behind this, from the viewpoint of cultural reception and lexical borrowing, are discussed.
ヴァヌアツ共和国では100余りの現地語が話され、現地語を異にする者同士は国語であり公用語であるビスラマ語を用いて会話をする。本論文では現地語の一つであるツツバ語とビスラマ語の時に関する体系を比較し、両言語の意味の場が大きく異なることを初めに示す。続いて両言語の運用能力をもつ話者がツツバ語で会話をする際に、ツツバ語ではなくビスラマ語の時をあらわす体系を優先的に用いることを明らかにする。最後にその要因を文化受容と語彙借用の観点から考察する。
本文を読む

http://opac.library.twcu.ac.jp/opac/repository/1/5827/naito_20150930.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報