Departmental Bulletin Paper テレビ番組制作における女性のキャリア形成:首都圏と地方のインタビュー調査より
Women’s Careers in TV Program Production: interview-based research in Tokyo and rural areas

花野, 泰子

66 ( 1 )  , pp.119 - 140 , 20150930
ISSN:04934350
NCID:AN00161550
Description
There has been little research on the people engaged in mass media program production in Japan in spite of frequent calls for it. This paper reports on an interview-based survey of TV program production professionals. The results show that TV stations are androcentric, with only about 20% of the employees being women. In contrast, the percentage of women employees engaged in TV program production in subcontracting companies is close to 50%. Women reported that they got a sense of satisfaction from making TV programs and were trying to establish their careers in spite of difficult employment conditions and a difficult working environment. In today’s Japan, where Successful Women is being promoted, it appears that women’s place in the most influential medium of TV production is not very secure and urgent changes are needed.
日本のマス・コミュニケーション研究における送り手研究は未だ少なく,番組制作という専門職に従事する人々の実態調査は,その必要性を叫ばれていながら未だ詳細な調査研究は行われてこなかった。本論で明らかになったのは、女性比率2割前後で推移しているテレビ局の男性中心主義が、比率的には女性が半数に迫る下請けの番組制作会社を支配しているという実態である。女性番組制作者たちの生の声には、番組制作の「やりがい」を支えに、厳しい雇用条件と労働環境を乗り越えながらキャリア形成しようとする姿が表れていた。「女性活躍」を掲げる現在の日本において、最も影響力の強いメディアであるテレビのコンテンツそのものを作る人々の多様性が、あまりに確保されていないことが明らかとなり、早急な変革が必要であることも確認された。
Full-Text

http://opac.library.twcu.ac.jp/opac/repository/1/5825/hanano_20150930.pdf

Number of accesses :  

Other information