紀要論文 高校入試問題の特徴
Characteristics of High School Entrance Examinations

青木, 瑠里

24pp.1 - 20 , 20160301 , 東京女子大学言語文化研究会
ISSN:09187766
NII書誌ID(NCID):AN10461801
内容記述
本論文は、東京都立高校英語入試問題に使用される語彙を、中学校英語教科書の必須語彙や英語学習で有効とされる基本的な語彙リストと照合、比較し、それらの語彙が被験者である中学生にとって妥当であるかを検討し、まとめたものである。
本研究では、東京都立高校の英語入試問題十年分を用意した。また、比較対象の中学校英語教科書語彙として、文部科学省で認可されている六冊の英語教科書の全語彙のうち、全ての教科書に掲載されている語彙を抽出し、分析に利用した。双方の語彙レベルを客観的に計測するために、英語学習において有効とされる、高頻度の語彙集であるNew General Service List (NGSL)を基準尺度として用いた。また、カバー率95%をその対象の語彙が妥当であると判断する基準値として設定した。これは2004年の中條の研究によるものである。
結果として、東京都立高校の英語入試問題の語彙レベル、中学校英語教科書の必須語彙のレベル、双方ともにNGSL のカバー率が文章の読みやすさを表す基準値95%以上の数値を記録した。また、入試問題と教科書語彙の比較においても、95%に到達することはなかったものの、94.7%と限りなく基準値に近い数値が分析結果として明示された。この結果により、東京都立高校の英語入試問題の語彙レベルは、中学校で学ばれている必須語彙のレベルと合致していることが推察され、また両者の語彙レベルがNGSL のカバー率も高いことから、中学校における英語教育の妥当性が高いということも推察することができる。
In this study, I compared the vocabulary of Metropolitan high school entrance examinations and junior high school textbooks. I obtained ten years of entrance examinations for Metropolitan high schools and made a vocabulary list from the words used in all junior high school English textbooks. I also compared the entrance examinations and the textbooks with the New General Service List (Browne, Culligan and Phillips, 2013), which contains high frequency vocabulary that is important for learning English.
The NGSL gave over 95% coverage of the vocabulary in the textbooks and in the examinations. The textbook vocabulary gave under 95% coverage, although with the addition of names and Japanese vocabulary used in the examinations and glosses, coverage (94.54%) was very close to the 95% required to read a text comfortably. I think this result is good news for junior high school students because they study the important, high frequency English vocabulary in their textbooks and, if they study hard, they should be able to cope with the Metropolitan high school entrance examination.
本文を読む

http://opac.library.twcu.ac.jp/opac/repository/1/5810/001_AOKI_20160301.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報