Departmental Bulletin Paper 中国語における目的語前置成分の属性と動詞の他動性について

木村, 裕章

24pp.17 - 30 , 2017-02 , 東亜大学
ISSN:1348-8414
Description
中国語は基本的に「S+V+O」の語順をとるが,その直接目的語を動詞に前置させることができる。このような目的語前置にはいくつかの形式があり,それぞれの形式で前置される成分の属性(指示性)には違いがあると考えられる。筆者は最近の研究で動詞の他動性について検証を行ってきた。目的語が前置される現象はその文に使用される動詞の他動性の強弱と関係があると考えられる。また,これらの前置される目的語の属性は名詞句の限定性と関連しており,それらの属性と動詞の他動性の強弱には相関関係があると考えられる。この論文では,主題文,目的語前置文,“把”構文で前置される成分について,それらの属性を比較し,さらに使用されている動詞の他動性との関係について検討を行う。(以下、略) : The basic Chinese word order is “S+V+O”, but we can prepose direct object to the position in front of verbs in some cases. There are several types of the object-preposed structure, and the reference of preposed element is defferent in each types. I had investigated the transitivity of verbs in the recent studies. I think that object preposing phenomena are related to the transitivity of verbs. In this paper, I compare the definiteness of preposed elements in topic sentences, object-preposed sentences and “ba” structure sentences, and examine the relationship with the transitivity of verbs...
Full-Text

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/ea/file/265/20171117145550/EA20024000002.pdf

Number of accesses :  

Other information