紀要論文 Die “Juniaktion” und der Pogrom von 1938 : Arisierung und Liquidierung der “judischen Gewerbebetriebe” im Nationalsozialismus.

Yamamoto, Tatsuo

21pp.1 - 12 , 2015-09 , 東亜大学
ISSN:1348-8414
内容記述
 第三帝国のユダヤ人政策を考察するには,政策が個々の局面で有した社会経済的機能を分析することが大切である。反ユダヤ主義が社会現象として出現するのは歴史的過程だからである。こうした観点に立って,本稿では1938年の「六月行動」および十一月ポグロムの社会経済的背景を分析する。おもに使用する史料は,ライヒ経済省の関連文書と亡命社会民主党SOPADEの『ドイツ報告』である。(以下、略)
本文を読む

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/ea/file/249/20151227134828/EA20021000001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報