紀要論文 セルフ・コンパッションが被援助志向性およびストレス反応に及ぼす影響
The Effects of Self-compassion and Help-Seeking on Stress Response in Adolescents

仲嶺, 実甫子  ,  竹森, 啓子  ,  佐藤, 寛

9pp.13 - 19 , 2018-03 , 関西大学大学院心理学研究科
ISSN:21850070
NII書誌ID(NCID):AA12471688
内容記述
The purpose of this study was to examine the effect of self-compassion on help-seeking and stress response. Six-hundred seventeen junior high school students (315 men and 302 women) participated. Results suggested that high "positive attitude" and "fear and disinclination" forhelp-seeking associated with stress response. These results indicated that increasing positive attitude for help-seeking would not be able to lead improved mental health, but decreasing fear and disinclination for help-seeking would improve it. Self-compassion has negative impact for fear and disinclination for help-seeking, but doesn’t increasing positive attitude for help-seeking. increasing self-compassion will elicit adaptive help-seeking for improving mental health.
本研究ではセルフ・コンパッションと被援助志向性およびストレス反応の関連について,中学生617名(男性315名,女性302名)を対象とする質問紙調査によって検討した。その結果,被援助志向性のうち他者に援助を求めることに対する抵抗感・期待感のどちらもストレス反応に促進的な影響をあたえることが示された。つまり,他者に援助を求めることに対する期待感を高めるだけでは精神的健康の向上にはつながらず,抵抗感を低減させることが精神的健康の改善を促すと考えられる。セルフ・コンパッションは他者に援助を求めることに対する抵抗感に抑制的に働くが,期待感には促進的に働かないことが示唆されており,セルフ・コンパッションを向上させることは,精神的健康を改善するうえで適応的な援助要請につながると考えられる。
本文を読む

https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13210/1/KU-1100-20180300-02.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報