Departmental Bulletin Paper コンパッションに基づく心理学的学級介入プログラムの効果の検討 : 中学生を対象とした介入効果の個人差の検討
Differences in the Effect of Compassion-Based Psychological Classroom Group Intervention in Adolescents

仲嶺, 実甫子  ,  伊藤, 義徳  ,  甲田, 宗良  ,  佐藤, 寛

9pp.1 - 11 , 2018-03 , 関西大学大学院心理学研究科
ISSN:21850070
NCID:AA12471688
Description
The purpose of this study was to examine whether a compassion-based psychological intervention increased the social skills and satisfaction with school. Participants were 159 junior high school students, and the program involved four-session interventions with 50 minutes per session in a classroom setting. On the basis of cluster analysis of the pre-during-post scores of self-reported compassion for others, participants were divided into three groups: (a) decrease, (b) maintain high score, and (c) increase. The students whose compassion scores increased from low to high had multiplied commitment skill, which is a subscale of social skills, and increased total score of satisfaction with school after the intervention. The self-compassion score of that group also increased in the intervention season when compared to the students whose compassion scores decreased. These results suggested that the students whose compassion scores increased had increased social skills, satisfaction with school, and self-compassion.
本研究ではコンパッションの促進を目的としたプログラムを実施し,コンパッションの向上に伴って社会的スキル,学校適応感,セルフ・コンパッションの向上が見られるかを検討した。対象は中学校1年生の4学級159名であった。プログラムは学級単位で1回50分,合計4回にわたって行われた。介入前後のコンパッション合計得点に基づくクラスター分析を行った結果,参加者は得点の変化の傾向によって下降群,高得点保持群,上昇群の3群に分類された。上昇群は社会的スキルの下位尺度である積極的スキルが介入期間中に増加していた。自己へのコンパッション得点に関しては,介入期間中に下降群の得点が減少しているのに対して,上昇群は増加していることが示された。以上のことから,コンパッションが促進された生徒は社会的スキルとセルフ・コンパッションが向上することが示された。
Full-Text

https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13209/1/KU-1100-20180300-01.pdf

Number of accesses :  

Other information