Departmental Bulletin Paper 心理検査を用いた青年・成人の軽度自閉スペクトラム症(ASD)のスクリーニングについて
Screening for Subthreshold Autism Spectrum Disorder (ASD) in Adolescence and Adulthood Using Psychological Tests

西藤, 奈菜子  ,  川端, 康雄  ,  寺嶋, 繁典  ,  米田, 博

8pp.31 - 40 , 2018-03-16 , 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
NCID:AA12590224
Description
自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder:以下ASD)の心理アセスメントでは、ASD特性を測定するための心理検査の開発やASDに特有な反応の調査など、様々な側面から研究が進められてきた。特に近年は、精神症状や疾患を有する軽度のASDへの適切な治療や支援が注目されており、軽微なASD特性のスクリーニングが課題となっている。ASDのスクリーニングには、従来、養育者による他者評価や患者自身の自己評価に基づく自記式の質問紙検査が使用されてきた。しかし、ASD特性が軽微で知的発達にも顕著な遅れがみられないケースについては、的確にスクリーニングすることが難しい。特にセルフモニタリングを苦手としているASDでは、自記式の質問紙検査による判定が適切に行えない場合も少なくない。本稿では、軽度のASDの青年や成人のスクリーニングにおける自記式の質問紙検査の限界と投影法検査によるスクリーニングの可能性について概観し、有用なスクリーニングツールのあり方について検討する。
Research on autism spectrum disorder (ASD) assessments has advanced in various aspects, such as developing tests to specify the traits of autism and studying specific reactions associated with ASD. In recent years, increased attention has been given to appropriate treatment and support for individuals with subthreshold traits of autism and mental disorders. Further, it has become a challenge to develop screening tools for subthreshold autism traits. Within the realm of ASD assessment, it is difficult to effectively screen individuals through evaluations by caregivers and self-descriptivequestionnaires when intellectual development is within normal limits and autism traits are subthreshold. Because individuals with subthreshold autism traits may have limited self-monitoring, they may not be assessed properly through self-descriptive questionnaires. This paper will review the limits of self-descriptive questionnaires and the possibility of projection tests for the screening of adolescents and adults with subthreshold ASD, and examine the most useful screening tools.
Full-Text

https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13179/1/KU-1100-20180316-04.pdf

Number of accesses :  

Other information