紀要論文 大学生におけるストレスの肯定的認知と精神的健康の関連
The relation between positive recognition of stress and mental health in university students

樋山, 雅美  ,  林田, 真理砂  ,  東谷, 真帆  ,  廣瀬, 眞波  ,  香川, 香

8pp.11 - 19 , 2018-03-16 , 関西大学大学院心理学研究科心理臨床学専攻
NII書誌ID(NCID):AA12590224
内容記述
大学生は多様なストレッサーを経験しているが、ストレス反応の生起には、ストレス認知が影響を及ぼしていることが明らかとなっている。そこで本研究では、大学生156名を対象に、ストレス認知を測定する尺度を構成し、その特徴を明らかにした。さらにストレスの肯定的認知に着目し、ストレス反応やコーピング、ストレスに関する知識との関連を検討した。その結果、ストレスを肯定的に認知する者は、ストレスの心理的反応が抑制され、情動焦点型コーピングを多用していることが明らかとなった。また、ストレスに関する知識も豊富で、学校でのストレス教育の経験が多いと判断していた。すなわち、ストレスの肯定的認知は精神的健康を高める可能性があり、教育機関におけるストレス教育によって知識を付与することが肯定的認知の醸成につながることが示唆された。
University students are surrounded by many kinds of stressors in their daily lives. Studies have recently shown that students' stress recognition methods affect their stress responses. We developed a scale targeting 156 university students to find how they recognize stress. This study focused on positive recognition to clarify the connection between stress responses, coping, and knowledge of stress. The results show that people who recognize stress positively have fewer mental responses than those who do not, and that they usually use emotion-focused coping strategies. They also have a wealth of knowledge about stress, and had more opportunities for stress education in school. In other words, these results suggest the possibility that stress recognition improves mental health states, and that learning about stress in educational institutions gradually helps students recognize stress positively.
本文を読む

https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13177/1/KU-1100-20180316-02.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報