Departmental Bulletin Paper 多元性に着目したPerson-Centered self理論の新たな展開 : Configurationとは何か

中田, 行重  ,  斧原, 藍  ,  白崎, 愛里

9pp.95 - 102 , 2018-03-15 , 関西大学臨床心理専門職大学院 心理臨床センター
Description
Rogersのパーソナリティ論は、治療論とセットになっており、自己(self)が体験とどのように関係するかが重視される。本稿はRogersのself理論を多元的に発展させたMearnsのconfigurationという概念を紹介し、考察を加えるものである。Configurationとは、(前)象徴化された感情・思考・行動の一貫したパターンであり、いくつものconfigurationの総体がselfであるとされる。他者からの取り入れや自己不一致の周辺にもconfigurationは発生し、同化・自己成就・再構築を繰り返しながら発展し続けるとMearnsは考える。多元性や流動性を強調した視点は、ThのCl理解や受容を助け、実践面での貢献は大きい。しかし、configurationという概念が却ってClへの見方を固定化させてしまう危険性があるなど、Thが留意すべき点もある。
Full-Text

https://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/13095/1/KU-1100-20180315-09.pdf

Number of accesses :  

Other information